自宅でインドカレーに挑戦

最近では、あちらこちらで「インドカレー屋さん」を見かけるようになりました。街のスーパーでも、様々なインドカレーが売られていますし、置いてあるスパイスの種類も多く、一昔前よりもインドカレーが身近になっているように思います。時々、お惣菜コーナーにもインドカレーが置いてあったりするので驚きです。

本屋さんにも、カレー作りの本はたくさん置いてありますね。図書館でもたくさん取り扱っています。私は、先日図書館で、インドカレーの本をかりて、自宅で本格スパイスインドカレーに挑戦しました。スパイスを使うというと、とても難しく感じますが、実際には、いくつか定番のスパイスを準備するだけでも、美味しいカレーが出来上がりました。

今回使ったスパイスは、「ターメリック」「コリアンダー」「カイエンペッパー」「ガラムマサラ」です。「ガラムマサラ」は最初から配合されているものを使用したので、とても簡単でした。これだけでも、かなり本格的な味に仕上がったので大満足です。今回のカレー作りでわかった事。素人でも美味しく作るコツは2つ「タマネギをしっかり炒める事」「塩加減が大事」という事です。

タマネギは、飴色になるまでしっかりと炒めます。これは、手がちょっと痛くなる位、しっかり炒めなければなりません。鍋のへりにこすりつけるようにして炒めると、時間が短縮でき、良い加減に炒める事ができます。そして重要なのは「塩加減」です。市販のルーなは、実はかなりしょっぱくて、塩分がたくさん含まれています。様々なスパイスを入れても、塩加減がイマイチだと、なかなか味がまとまりません。私の場合はまだ慣れていないので、何度もすこしづつ塩を入れて、うまく味を出すのに苦労しました。

今回は簡単な数種類のスパイスで作りましたが、とても美味しくできました。もっと深みのある本格的にカレーを作るのに、今度はホールスパイスも取り入れてみたいと思います。